潜在能力開発!これで人生は萌え萌えキュンキュン!!
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
05:55:11
マスターからの熱きメッセージ!
これからの潜在能力開花法 そのプロセスの全体像-4


意識32-2
やあ、チクリ魔だよ。
今日も頑張ってるかな?

今回は、私の信頼するマスターから届いた熱きメッセージ、
これからの潜在能力開花法 そのプロセスの全体像の4回目をお届けします。


「これからの潜在能力開花法」そのプロセスの全体像について
より深く、濃く、理解する為に大切なエッセンスの数々、
その貴重なメッセージを
数回に分けてお伝えしていきますので
何度も繰り返し読んで理解を深めていってください。
そして、
潜在能力開花法の秘密を自分のものにしていきましょう。



応援クリックよろしくね
    
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村


マスターからの熱きメッセージ!
これからの潜在能力開花法 そのプロセスの全体像-4


社会システムによって洗脳される、もう一つの
「人の目が気になる」というブレーキがあります。

思う事が思う様に人前で表現出来ない、思う事が思う様に言えないというのも、
潜在的に何かがブレーキとして働いています。
シリーズ「意識の時代が来る!」はその最適なエクササイズになっています。
釈迦は
「自己を島とし自己を頼りとして他人を頼りとせず、ダンマを島とし
 ダンマを頼りとして他のモノを頼りとせずにいなさい」と言っています。

島とは流されないモノ、ダンマとは法則、つまり原理原則です。
つまり、自分と原理原則を信じて他のモノに流されない様にしなさい
と言っている訳です。
日本では、この釈迦の教えが「自灯明・法灯明」として知られています。
これはとても大切な考え方です。
そう考える事によって、人は責任を引き受け勇気や自信を培い、
揺るがない人間へと成長します。
しかし、この教えに反して「人の目が気になる」と言うのはまるで逆、
その判断基準が他人に在るという事です。

「自分で判断してはいけません・判断基準を他人の意見にしなさい」
となっているのです。
とんでもない事ですね。
何かしたいと考えても、人から可笑しな目で見られるかもしれない
と考えると行動出来ません。

それでは、自分に自信を持つ事も出来なくなってしまいます。
何故、そうなっているのでしょう?
それは、社会システムの何者かによって決められている規範、
つまり「これは良い事・これは悪い事」が人々をその様に条件付けるのです。
規範とは、必ずしも善悪を正しく指し示すものではありません。
しかし、規範が決められると、人々はそれに縛られる様になります。
エンプロイーに常識から外れてもらっては困るからです。
それは何故でしょうか?
現代社会は、
人々は他の人に自分より抜きん出て欲しくはないと誰しもが考えています。
それを更に高所から俯瞰してみましょう。
そうすると、そこには「独立して自ら思索」等せず、
言われた事だけに忠実に従う様にと、支配的立場に立ちたい
とする者からのバイアスが、社会全体に掛かっているのが判ります。

でも何故、それが「人の目」なのでしょうか?

ところで「人の目が気になる」と言うのは、
一種の罪悪感です。

支配者は、支配の力を振るいたいが為に、
人々の自発性に対して自らの内からブレーキが掛かる様にと、
巧みに罪悪感を持つ様に仕向けて来ます。
人に罪悪感を持たせるならば、その人を縮こまらせる事が出来るので、
微妙にコントロール出来る様になるからです。
「人に罪悪感を持たせる」というのは、人を操る技法の一種なのです。
親も子供に「そんな事をしたら人が笑う」と言って
自発的に何かしようとする事に対して、罪悪感を植え付け、
子供をコントロールしようとします。
自発的な芽は、この段階でどんどん刈り取られて行きます。
しかし、いつも「人の目が気になる」とどうなるでしょう?
「こんな事を言ったら人から何と言われるだろう?
 こんな事をして失敗したら人はどう思うだろう?」
とそれが気になって、自由な発想は持てなくなります。

それは思考の牢獄です。
そして今では、誰に頼る事も無く、
自分でせっせと「自発的な何か」を刈り取る様になってしまいました。
それでいいのでしょうか?

本当は、人は他人の事など
一々かまってなどいやしません。

だから本当は何も気にする必要など無いのです。
しかしこの感覚に囚われてしまった人は、ありもしない恐怖に怯える訳です。
それは支配的立場に立つ者にとっては好都合です。
その人は自発性を失うからです。
また、人の意見にいつも自分を委ねる事によって、
責任を引き受けなくても済みます。
それは、責任を引き受けなくて済めば楽だと
捉え違えている感覚も内在しているからです。
こうして、多くの人は「人の目」を気にして、
自分で考え自分で判断するという思考力を徐々に失い弱体化して行きます。

この「人の目が気になる」様にされてしまう事は
「独立して自ら思索出来る能力」を奪うモノです。
そうすると、あらゆる判断を他人に委ねる隷属的な人間が出来上がります。
「裸の王様」に出てくる素直な子供の様に、
自分からは「王様は裸だ」と言えなくなるのです。
それでいいのか、深く考察しましょう。

「人の目が気になる」と言うのは
独立して自ら思索出来なくなる思考の牢獄です。

また、成長したくて何かを学んでいても、
これが判断基準として落とし込まれている限りは、
それに同類親和の法則が働いて、原理原則は落とし込まれません。
同類親和の法則は、既に在るモノと比べて「異質だ」として、
為になる筈の原理原則を無意識に弾き 返してしまうからです。
判断基準を自分自身と原理原則に置くか、それとも人の意見、
しかも自分の偏った主観による人の意見に置くか、それはまるで逆です。

潜在意識は基本的に、同類のモノは受け付けますが、異質だと受け付けません。
そして潜在意識は、自分にとっての損得など考えもしません。
そうすると、せっかく学んだ心構え知識の総てが
「知っているレベル」の知識段階で留まってしまいます。
いつまで経っても、それが落とし込まれて自動化する事はありません。
何故学んだ事が、多くの人はなかなか身に付かないのかと言うと、
この様な原理が無意識レベルで働いているのです。

バカだからとか、物覚えが悪いとかではないのです。
ちょっとしたその様な思考習慣の違いに気付いているか、それを知っているか、
それともまだ気付いていないかというほんの僅かの違いなのです。
そして、その違いに気付かせない様に仕組まれているのが義務教育なのです。
この様に、人々をその牢獄から出られなくなる様に、
人間の弱点を利用し条件付ける様な偏りが、世には存在しているのです。


その為に世の支配的立場に在る者は、
自分達の都合で勝手に規範を決めるのです。

「人の目が気になる」と言うのは、
真実を理解していない事より引き起こされている症状の一つです。
「人の目が気になる」人もいれば、全く人の目など気にしない人もいます。
「人の目が気になる」人は、人の目など全く気にしない人が
「何故そうなのか」、そしてどっちが得かを考えてみましょう。

真実を知れば、ルソーの次の言葉
「人間は真実を知ったならば、
 それを理解した全ての人が同じ判断をし行動する。
 その判断は必ず正しい判断である。」
という言葉が成就します。

人は、真実を知ったならば、「人の目が気になる」という
洗脳されて植え付けられた間違った感覚を解除する事が出来ます。
そして、責任は引き受けた方が遥かに得する事も解って来ます。
人は独立自尊の存在として在るべきです。
そういう人は、自分を大切にする為、
「人は人、自分は自分。言いたい奴には言わせておけ。」
と考えているのです。

そしてその言葉が落とし込まれて自動化しています。
だからと言って、我儘奔放な訳ではありません。
「自分は自分」という処に、何があっても
その責任は自分が選択した結果であるという自覚があるからです。
そして、それは自信を培うものです。
故にこういうタイプの人は、
自分自身の人生のマイウェイを堂々と歩める様になるのです。
こういうタイプは思考の牢獄にはいません。
人の目という錯覚から解放されていて思考は自由です。

そういう人生観は、普段何気なく繰り返している言葉によって作られて来ます。
繰り返す言葉の力に気づいて下さい。
伝えたいモノ・伝えるべきモノを自覚していたら、
人の批判・中傷等気にしない事です。
気にしないとは、「認識しない」という事です。
誰しもが心得ているこの技をどう使うかです。
人は平均的に、
同類・同族レベルと思っている他人が、自分より抜きん出るのを嫌います。
そうすると、こちらが何か良い事をしようと思った時、
マイナス思考の人々から微妙に足を引っ張られます。
彼等は、あらぬ批判・中傷をする訳です。
面白くないからです。

同情する様見せかけて、口先だけで「心配している」という言い方をして
不安を与えるかも知れません。
真にプラス思考の思考習慣を獲得したなら、
そういうマイナスな波動の類には反発が起こって、
益々やる気やファイトが起こって来ます。

何故なら、
より高い次元に、待ってくれている人がいる事の確信があるからです。
しかし、それに引き摺られるとしたら、
潜在意識ではマイナス思考で溜め込んだデータが作用しています。
意識次元では、同質のモノは引き合い、異質のモノは弾き合うからです。
出る杭は打たれると言いますが、出過ぎた杭は称賛されます。
或る時、その次元の批判はピタリと無くなります。
批判する人も批判ネタが無くなるからです。
「人の噂も75日」です。
それからは人も、新たな認識でこちらを見る様になります。
伝えたいモノ・伝えるべきモノを自覚したら、
その事ばかりを考えていると信念や確信が育って来ます。

潜在意識のメカニズムを学んでいると、
他人のマイナス波動の影響を受けなくなります。
それはプラス思考の思考習慣が身に付き、
意識の力が何倍にも大きく育って来るからです。
人より一歩抜きん出る人が、
どの様に批判・中傷をかわしているかも研究心を持ちましょう。
彼等は、自分にとって不利になるマイナス波動を、認識しないのです。
マイナス思考の思考習慣に陥っている人は、
自分の為になる事を認識しないのです。

凄い技ですね。
この様な事も、単に思考習慣の違いがもたらしているだけです。
どちらが得かを考えましょう。


続きはまたね。

チクリ魔



応援クリックよろしくね
    
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村


前の記事
これからの潜在能力開花法 そのプロセスの全体像-3
次の記事
これからの潜在能力開花法 そのプロセスの全体像-5



結果の出ないネットビジネス高額塾に騙された人、集まれ~!
私自身が苦い失敗体験での挫折からどうやって立ち直れたか
・・・その秘密をあなたに!
まず知る事からあなたのサクセス(成功)ストーリーが始まります!

      ↓ ↓ ↓
結果の出ないネットビジネス高額塾に騙された人、集まれ~!


「弱者の成功戦略」無料メール講座のご案内
成功者とそうでない人の根本的な違いは何か?
あなたを成功者の資質へと導く究極の秘訣とは?
これを知る事で人生が激変します!

      ↓ ↓ ↓
「弱者の成功戦略」無料メール講座推奨記事


記事の総合目次をご用意しました
いつでも振り返り読み返せる様に
カテゴリー別総合目次をご用意致しました。
ぜひ、ご活用ください!

自己成長したい方、モティベーションを上げたい方必見の記事です!
「誰も知らなかった潜在能力開花法」の15時間音声解説無料プレゼントは
こちらの記事からお申込みできます。

      ↓ ↓ ↓
「あなたの成功・自由へのご招待記事」の総合目次

あなたの人生の座右の書としてご活用ください。
      ↓ ↓ ↓
成功に必要なお役立ち情報「おすすめ記事」の総合目次

聴いて観て学ぶ「おすすめ記事」はこちらからどうぞ!
      ↓ ↓ ↓
無料音声解説と講演動画のまとめ目次


「これからの時代のビジネス」の総合目次 連載中!
      ↓ ↓ ↓
「これからの時代のビジネス」インナーパワービジネス


「これからの時代に備える為に」の総合目次 連載中!!
      ↓ ↓ ↓
「これからの時代に備える為に」意識の時代が来る!


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://chikurima.blog.fc2.com/tb.php/492-abc275ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

チクリ魔

Author:チクリ魔
成功=萌え萌えキュンキュンな人生を手に入れよう!トラウマや苦手を克服できるようになる心理。自己改造に本気を出したいあなたへ。
徹底追及したノウハウを発信して行きます。

カテゴリ一覧
自己開発ツール
あなたの成功・自由へのご招待記事【まとめ一覧】
貴方の人生の行き先は何処でしょう?
世の中の嘘とホントを見分ける能力があれば、環境や時代に流されることなく、もっと効率よく楽しく人生を謳歌できます。
「もっと早く知っていれば…!」と、後悔する前に読んでくださいね。



おすすめ記事の総合目次成功に役立つおススメ記事一覧まとめバナー
知っていますか?
誰も語らなかった成功する人の質!
自分探しをしている方
自己成長したい方、
モティベーションを高めたい方、
必見の記事一覧です!



弱者の成功戦略・無料メール講座 不労所得があれば、好きなことにたっぷりと時間を使えます。
初心者が安定した収入を得るには?
必要なプロセスがここにあります。
本当に成功したい人は、当メルマガに登録して極意を掴んでください。



インナーパワープログラム
万国共通の「成功への真理・極意」があなたのモノに なれば望んだ通りの人生になります。
子孫代々、活用できる財産になる 成功者の「考え方」育成ツールです。
最新記事
おきてがみ
twitter 最新情報


アクセスカウンター